お盆 月遅れ(8月・旧盆)

お盆は8月の月遅れのお盆や、7月に新暦で行う地域、または、沖縄のお盆のように、旧暦の日付け通りに行う地域と様々です。

お盆はいつ?との疑問も出て来る訳です。また、お盆の行事も日本古来からの先祖祭りと、仏教の盂蘭盆が時代と共に混じりあい現在の形になったと云われ、仏教だけの宗教行事ではないのです。

◆8月のお盆 月遅れと旧盆
月遅れのお盆は、毎年8月13日から16日の4日間となります。これを現在では旧盆と云っています。
※8月の月遅れのお盆は年度によって日付がずれることはありません。
※この月遅れのお盆を現在では、一般的に旧盆と云っています。

沖縄などでは、旧暦の日にちに合わせて、現在でも、お盆や清明祭が行われることが多く、そのため、沖縄のお盆の日にちは毎年変わって来ます。場合によっては9月のお盆さえありえます。

8月13日から16日の4日間に行われる場合は月遅れのお盆となり、旧暦7月15日の日にちに合わせて行われているものではないのです。

しかし、これを指し旧盆と云う習わしです。8月のお盆や、旧盆の時期が複雑なのはこんなところにも原因があるようです。

宗教的儀礼から離れ、お盆休み(夏休み)と云う場合に、報道などでも現在では8月の月遅れのお盆を指しています。

◆お盆の時期〜(7月・8月・旧盆)
(複雑になった理由)
■日本のお盆は、旧暦7月15日に行われて来た
■新暦が採用(明治)され旧暦が廃止される
■その後、統一されず地方により時期が異なるお盆が行なわれて来た。

(お盆の時期の形態)
■旧暦7月15日(伝統通り昔のまま本来の旧盆。年度で日付が変わる)
■新暦7月15日(もしくは前後の土日。明治の新暦採用による)  
■新暦8月15日(月遅れの盆。これも旧盆とも云うのでややこしい)

全国的には月遅れのお盆の、いわゆる旧盆が多いようですが、これは、明治時代に旧暦盆の廃止の勧告があったりしたためで、伝統的な旧暦7月15日のお盆は少なくなりました。また、現在でも8月1日のお盆などもあります。

8月のお盆が多い事の理由には、農作業との関連や、祖霊に季節の初物をお供えすると云うお盆の習慣にも関係していると思われます。

新暦のお盆では、初物のお供えや、農作業の作業行程にも、新暦のお盆で(現在の7月15日)は色々と不都合が生じてしまうのです。

月遅れの8月のお盆は、その様な意味合いからも好都合で、全国的に普及して行ったのではないかとも云われています。


関連リンク:迎え火を焚く時間


【お盆 時期と期間の最新記事】

送り火のやり方・日にち

お盆 送り火のやり方、日にちについてのご紹介です。

送り火(迎え火も)を焚くお盆の風習は、故人、亡き人に再会した云う古来からの人間として自然な感情から来ています。亡くなった人に会いたいと故人を偲び、懐かしむ気持です。

◆お盆 送り火のやり方と日にち
送り火は、字の如くご先祖さまを送る火です。
お盆の3日(ないし4日)間が終わりますと、ご先祖さまたちは再びあの世に戻らなければならない約束です。

送り火は、ご先祖さま方があの世への帰路、道に迷わないように送り出す火のことで、まさに「送り火」です。

送り火の日にちや、やり方は地域によって多少違って来ますが、普通は15日か16日の午後に、迎え火のように門口で焚きます。

お盆で懐かしいご先祖さまたちが我が家に帰る「出会い」と、再び「あの世」に戻られる「別離」のための、この世に在る者たちの「けじめ」が、迎え火であり、送り火であると云えるでしょう。

送り火に真心を込めて、ご先祖さまを「あの世」へ送り、また来年に再会できるように願います。

お盆の期間は地域によって異なりますが
・7月13日に迎え火を焚いてご先祖さまを迎えます
・7月16日(または15日)に送り火を焚きます
※8月13日〜8月16日にお盆をする地域も少なくないようです。
※昔は、陰暦の7月13日か〜15日の3日間行われて来ました。

ご先祖さまの精霊を迎え、香・明かり・花・水・食べ物などのお供えをして死者の冥福を祈り、お盆の期間をゆっくり過ごして頂きます。

お盆の送り火で、ご先祖様を送った現世の我われは、また来年の再会まで、気持ちも新しく善行に励むのです。 

関連リンク:盆棚と迎え火



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。