お盆の迎え火

お盆の迎え火を焚く時期になりましたね。迎え火のやりかたは色々ですが、日本には、迎え盆の日には、野外で火をたいて迎え火をする風習があります。

お盆や迎え火と云いますと、仏教固有の行事のように思いがちですが、お盆は正月などと同じように、古くから伝わる日本固有の先祖祭りの儀礼なのです。迎え火のやり方にも神道と仏教が混合しています。

その日本固有の行事と、仏教でいう先祖供養の行事が混じり合い、お盆として習俗化したのだと云われます。

お盆の迎え火を焚くだけではなく、新盆の霊には初めての里帰りになりますので、お盆の墓参りとは別にお墓へ迎えに出向くところもあります。


お盆の迎え火は「祖霊が家に帰るのに、道に迷わないように」と行われるもので、門口で苧殻(おがら)をたいたり、また、玄関に提灯を下げて迎え火の代わりとするところもあります。

送り火はとは、送り盆の夕方に門口で火を焚いて先祖の霊を送り出す火のことを云います。


お盆には、亡き人々の霊が家にお戻りになるとされ、元来は旧暦の七月十五日を中心に行われていました。

お盆の時期も、近年では新暦の七月十五日に行う地域と、旧暦の七月十五日に近い八月十五日に行われる地域があります。

お盆と云う呼称も、一般的には{盆}という言葉は、盂蘭盆会(うらぼんえ・インドのサンスクリット語「ウラバーナ」の音訳)の略とされています。

しかし、お供え物を載せる容器を、かっては「盆」と云ったことから、この行事を{お盆}というようになったとの説も有力です。いずれにしても、盆という行事は日本人にとって、先祖の御霊(みたま)を祭る意味を持つことから、とても重要視されているのです。


お盆の迎え火を焚いて故人を迎えいれ、故人を偲びやがて別れの送り火を焚く。なにか楽しくもあり、やがてもの哀しいお盆、夏!                                                                     


 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。