神道のお盆

神道のお盆、神葬祭の新盆:初盆(霊祭)。
神道の霊祭(れいさい・みたままつり)は故人の御霊のやすらぎと安寧をお祈りする大切な御神事です。

神道の霊祭には毎十日祭(まいとおかさい)と云う御神事があります。
十日祭、二十日祭、三十日祭 。
・五十日祭 〜 仏教の49日に当たり、納骨、忌明けとなる。
・百日祭

◆神道のお盆・新盆祭(初盆)

年祭(ねんさい)は、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、四十年祭、五十年祭となります。

◆神道の春・秋のお彼岸とお盆について
年祭の儀式をすべて霊祭(れいさい・みたままつり)と申します。
神道において五十日祭、新盆祭、一年祭は特別に重要な祭になります。

故人の新しい霊(みたま)は、まだ、霊として安寧しておらず、一年祭を終え初めて、ようやく安定した霊になり、家内や子孫をお守りくださると神道では考えられているのです。

帰幽(死亡)された時期によっては、五十日祭・百日祭が新盆に重なったり、近かったりすることもありますから、霊祭については、神社に問い合わせられられてご確認ください。

・一年祭⇒亡くなってから「満一年」で執行。
・三年祭以降は全て「数え年」で行われます。
(一年祭」を行った翌年に三年祭を行うことになります)

「春分の日」と「秋分の日」の春秋に行われる二季の霊祭は累代の祖霊に対し奉り、子孫である縁者一統が、追慕追遠の赤心を捧げる床しい御神事なのです。

祖霊に対して子孫への御守護を祈念するお祭りでもあるのです。
お盆の霊祭は、迎え火を焚いて、霊を家にお迎えしてお祭り申し上げます。

その後に行われる年祭は、ご命日のお祭となり、帰幽日と同じ日に故人を偲び追悼するものです。最近では社会事情からか、帰幽された前後の日を選び、参列者が参列しやすい日に行われているようです。                                           

         
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。