お盆はいつ 盂蘭盆(うらぼん) 

お盆はいつ?盂蘭盆(うらぼん)日本の先祖供養の宗教行事であるお盆の時期や期間は一定ではなく、各地で違いがあります。

お盆のお墓参りや、迎え火のやり方、盆棚の作り方などにも、地域、地域の風習や慣習があり微妙に異なっています。

◆お盆はいつ?時期と期間
お盆の時期は先述のよに地方によって異なっていますが、多くの場合、
・7月 ⇒13日からの4日間
・8月 ⇒13日からの4日間(月遅れの盆)
・旧暦のお盆
以上のいづれかで行われているようです。

※僧侶を招き、初盆・新盆(ニイボン)の法要や、お盆の墓参りが行なわれます。
※迎え火、送り火を焚く風習も残りますが、迎え火のやり方も地域で異なることがあります。

◆お盆 迎え火|送り火(迎え方) 
○13日 ⇒迎え火を門口で焚き、ご先祖を家に迎えます(盆の入り)
・お墓まで霊を迎えに行くという地方もあります。
・迎え火の火種を取りにお墓参りをします。
※お墓で火を灯し、その火を消さないように提灯に移し自宅まで持ち帰ります。御仏壇の燭台に移し、この火で迎え火を焚きます。
※迎え火(門火)として、松の割り木や、麻の皮を剥いだ苧殻(おがら)を門口で焚きます。

・盆提灯に火を灯します。

○14〜15日
※お盆の期間中に家族全員でお墓参りをします。
(ご先祖さまは、お盆で我が家に居るから、お墓参りは無意味と云うのは俗説です。お墓とは「悟り」を具象化したもので仏そのものですから、仏を礼拝しているのです)
※新盆(にいぼん)・初盆には僧侶を招き法要を営みますが、通常14日か、15日に行なわれることが多いようです。

※お盆の期間は、ご先祖さまの霊が我が家に戻られている時期ですから、お灯明を絶やさず、お水や食べ物のお供え物は毎日取替えます。

○16日⇒送り火を門口で焚き、ご先祖さまをあの世にお送りします。
・一年後の再会出来ますように心を込めてお送りします。
※初盆・新盆に使用した白提灯は、送り火と共にに燃やすか、菩提寺に納めまてお焚き上げをお願いいたします。

◆お盆について
死者にお供えを捧げて追善供養をする行事で、仏教の盂蘭盆(うらぼん)・盂蘭盆会(うらぼんえ)の行事ですが、日本で古来から行われて来た先祖霊を迎え入れる儀礼と、仏教の宗教行事が混淆して現在のお盆行事になっているそうです。

お盆の行事は、そもそもがご先祖の霊が年に一度、戻って来るという信仰に基づいた日本独自の儀式なのです。

「精霊流し」や「灯篭流し」を行なわれる地域もあり、お盆は日本の夏の風物詩でもあります。

関連リンク:迎え火の時間

神道のお盆

神道のお盆、神葬祭の新盆:初盆(霊祭)。
神道の霊祭(れいさい・みたままつり)は故人の御霊のやすらぎと安寧をお祈りする大切な御神事です。

神道の霊祭には毎十日祭(まいとおかさい)と云う御神事があります。
十日祭、二十日祭、三十日祭 。
・五十日祭 〜 仏教の49日に当たり、納骨、忌明けとなる。
・百日祭

◆神道のお盆・新盆祭(初盆)

年祭(ねんさい)は、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、四十年祭、五十年祭となります。

◆神道の春・秋のお彼岸とお盆について
年祭の儀式をすべて霊祭(れいさい・みたままつり)と申します。
神道において五十日祭、新盆祭、一年祭は特別に重要な祭になります。

故人の新しい霊(みたま)は、まだ、霊として安寧しておらず、一年祭を終え初めて、ようやく安定した霊になり、家内や子孫をお守りくださると神道では考えられているのです。

帰幽(死亡)された時期によっては、五十日祭・百日祭が新盆に重なったり、近かったりすることもありますから、霊祭については、神社に問い合わせられられてご確認ください。

・一年祭⇒亡くなってから「満一年」で執行。
・三年祭以降は全て「数え年」で行われます。
(一年祭」を行った翌年に三年祭を行うことになります)

「春分の日」と「秋分の日」の春秋に行われる二季の霊祭は累代の祖霊に対し奉り、子孫である縁者一統が、追慕追遠の赤心を捧げる床しい御神事なのです。

祖霊に対して子孫への御守護を祈念するお祭りでもあるのです。
お盆の霊祭は、迎え火を焚いて、霊を家にお迎えしてお祭り申し上げます。

その後に行われる年祭は、ご命日のお祭となり、帰幽日と同じ日に故人を偲び追悼するものです。最近では社会事情からか、帰幽された前後の日を選び、参列者が参列しやすい日に行われているようです。                                           

         
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。