迎え火の時間

お盆の迎え火送り火の風習も、マンションなど集合住宅の多い都市部では消えて行く運命なのでしょうか。

お盆の迎え火送り火も、地域によって大分異なります。焙烙(ほうろく・素焼きの皿状)の上で少量のおがらを焚く一般的なものから、篝火(かがりび)のように焚く迎え火まで色々です。


◆お盆の迎え火送り火を焚く時間は何時ごろなのでしょうか?
迎え火を焚くのは迎え盆の7月13日(8月13日のところもある)です。

焚く時間については、それぞれの地域に習慣もあり、特に何時との決まりはありませんが、東北のある古い街並みを残す街では申し合わせにより同時刻に迎え火を焚き、それが幽玄で幻想的だと評判です。

一年振りに我が家に帰宅される仏様を家族がそろってお迎えするわけですから、暗くならないうち、夕闇の迫り来る前と云うことで夕方が多い様ですね。

お盆には盆棚(精霊棚)をもうけますが、盆棚を用意する場所がない場合は仏壇にお飾りします。

盆棚には香炉や燭台を置き御位牌を祀ります。キュウリの馬やナスの牛を飾り、水の子(鉢)に水をはり夏野菜や旬の果物を供えます。

7月13日に迎え火をたいて御先祖さまの霊を迎え、7月16日(または15日)に送り火をたいて祖霊を送り出します。

地方によっては8月13日〜8月16日にお盆をするところも多くあります。

お盆の迎え火送り火の習慣を何とか都市部でも残していきたいですね。                                                                     

【迎え火を焚く時間の最新記事】

迎え火のやりかた

お盆の迎え火のやりかたも時代と共に変わらざるを得ないんですね。
マンションで迎え火は無理でしょうし、密集した住宅地では訳の判らない苦情がきそうですしね。


お盆の迎え火のやりかた
お盆の迎え火の火種を頂に、迎え盆の夕方になると祖父に手を引かれ菩提寺の墓地まで行くのが恒例でした。

お墓に着くと、お参りを済ませ祖父が火を焚く。
その火で持参したお線香と蝋燭に火を点ける。

その蝋燭を消さないように小さな提灯に移し、祖父から「消えないようにな!」と提灯を手渡され緊張しながら来た道を祖父と自宅へ戻る。

この提灯の火を仏壇の蝋燭に移します。

お盆の迎え火のやりかたは以上です。これが一般的な迎え火の儀式です。地域によっては多少異なるところもありますが、大筋はこんなところです。


◆お盆の送り火のやりかた
お盆の送り火は、今度は仏壇の火を蝋燭に移します。
門口で、その蝋燭の火を「おがら」に移して送り火を焚きます。
その火から、新しい蝋燭に火を移し、提灯に入れて、菩提寺のお墓まで行ってお参りします。

以上がお盆の送り火のやりかたです。


お盆の迎え火やりかたも、都会などでは自宅と霊園のお墓が遠いため、火種を取りにもなかなかいけませんよね。そんな場合は自宅前で「おがら」を焚けば宜しいかと思います。


盆棚に大きな蓮の葉を敷き、ナスとキュウリで作られた牛と馬、脚は割り箸を折って差し込み作られていました。

祖母から、ご先祖さまを此処まで乗せて来られたんだよと聞くと、さっきまでのナスとキュウリが不思議に牛と馬に見えてきました。

「お疲れさまでした」と手を合わせる祖母を見ながら「異次元の世界」がドンドン膨らんでいきました。


お盆の迎え火もいつまで続けることが出来るのでしょうか、淋しいですね。                               



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。